JUSCPAは、日本における米国公認会計士のソサイエティです。

About Us

代表理事ご挨拶

わたしたちJapan Society of U.S. CPAs (以下 「JUSCPA」)は、日本における米国公認会計士で構成される非営利団体です。1995年に発足して以来、「研鑚」「交流」「貢献」の3つのテーマを大きな柱にして活動を続けています。メンバーは各種の部会を通じて調査研究や学びの機会を共有、交流会などのイベントを通じてのネットワーキング、本の出版や講演など様々な形で活躍しています。

米国におけるCPAの活躍の場は、監査業務に限らず経済・産業界・教育界など多方面に亘り、幅広い分野でプロフェッショナルとしての能力を発揮しています。同様にJUSCPAのメンバーも日本において様々な業界で活躍するメンバーで構成されています。

変化し続ける社会の中で、JUSCPAを通じて米国公認会計士が様々な形で連携する場を提供し、参加メンバーの研鑽と交流を促進する事に大きな意義を感じています。これからも自らの付加価値を高める場、そして交流の場としてJUSCPAを活用してい頂きたいと考えます。

一般社団法人Japan Society of U.S. CPAs代表理事 平野 和久

代表理事 三木 晃彦

riji

会員代表ご挨拶

Japan Society of U.S. CPAs(以下「JUSCPA」)の会員を代表して、会員及び非会員の皆様にご挨拶させていただきます。
JUSCPAは任意団体の時代を含め、20余年の歴史を有する組織で、日本在住の米国公認会計士資格者(または試験全科目合格者)のみを構成員とする資格団体です。
米国公認会計士試験は、日本の公認会計士試験に比べ易しいということが巷で言われます。しかし、米国において資格取得は出発点であり、そこから激しい競争が始まり、大手監査事務所のリーダーや経済界のリーダーが輩出されます。試験自体も英語を母国語としない日本人には決して簡単なものではありません。日本人として米国公認会計士試験に合格したことは誇るに足るものと思います。
私はJUSCPAの活動を、当初は顧問として、現在は会員代表として見守ってきました。先輩たちは米国公認会計士としての誇りと連帯意識を活動の力に変え、研鑽と貢献、交流の活動を長年行ってきました。
この活動が社団法人に受け継がれ、さらに継続し、発展していくよう祈念しております。このため、会員の皆様のさらなる活動への貢献と、有資格非会員の皆様の積極的な会員登録を心からお願いするものであります。

Japan Society of U.S. CPAs 会員代表 西川郁生

JUSCPAの目的

Japan Society of U.S. CPAs (以下 「JUSCPA」)は日本における米国公認会計士(U.S.CPA) のプレゼンスの向上を図り、また国際化の進展のなかで新たな役割を果たすべく以下の目的を掲げます。

  1. 交流日本における会員の相互親睦・ネットワーク化を図り、会員の活動をサポートするとともに、日米両国の米国公認会計士の相互交流を深める。
  2. 研鑽会員の資質のさらなる向上を目指し、日本における米国公認会計士のプレゼンスの向上を図る。
  3. 貢献一層の国際化を背景とした日米両国の共通の認識作りに努めるとともに、米国公認会計士の立場から積極的に提言を行う。加えて、日本における会計教育の一層の向上に貢献する。

JUSCPAの運営機構について

Japan Society of U.S. CPAs (以下 「JUSCPA」)は、任意団体のJUSCPAと一般社団法人JUSCPAが一体となって運営されています。

一般社団法人JUSCPAは、任意団体JUSCPAのメンバーから選ばれた役員で構成され、JUSCPAの事務局、組織運営、イベントの企画等を行っています。総会は年1回開催され、JUSPCAの重要な運営方針の決定や役員の選任等を行い、その方針を受けて一般社団法人JUSCPAの役員がSocietyの運営に当たります。

総会
毎年6月に、定例の会員総会を開催し、一般社団法人JUSCPAの役員がJUSCPAの活動状況、活動計画、決算や予算についての報告を行います。また、総会にはゲストスピーカーを招き、講演と懇親会を行い、メンバーの交流を図っております。
一般社団法人JUSCPAの理事会
JUSCPAのメンバーから選ばれた役員は、理事や監事としてJUSCPAの企画運営に当たります。 理事会は年に2回以上の頻度で開催され、JUSCPAの運営を推進していくために理事が集まります。JUSCPAの理事会は、企業の役員会に当たります。 また、理事会はメンバーがJUSCPAの運営を通じてリーダーシップを発揮する機会でもあります。

JUSCPAの活動内容

JUSCPAは参加型の団体です。JUSCPAのメンバーは専門部会やアカデミーに参加する事で調査研究や学習活動を行い、会員に研究成果を発信する場合もあります。また、JUSCPAでは会員のためのセミナーやイベントを企画運営しています。以下は主な専門部会やイベントです。

JUSCPA Forum
概ね年に2回の頻度で外部より講師を招いてJUSCPAのメンバーのための講演会をおこなっています。 その後、交流の為の懇親会を持っています。
部会
JUSCPAには次の部会があり、メンバーは任意に参加する事ができます。各部会の内容はLearning & Eventsをご覧ください。
  • ・ 国際会計基準専門部会
  • ・ CPE専門部会
  • ・ 管理会計専門部会
  • ・ JUSCPA西日本
  • ・ JUSCPAトーストマスターズ・クラブ
JUSCPAアカデミー
JUSCPAのメンバーの「研究成果発表の場」です。内容はResearchをご覧ください。

沿革

1995年1月に西川郁生氏(元企業会計基準委員会委員長)を中心とする有志により、日本に於ける米国CPAソサイエティーの設立準備会が発足しました。同年2月にAICPAよりJapan Society of U.S. CPAs (以下「JUSCPA」)の設立に対する奨励と運営ノウハウに関する助言を受け、6月に日本外国特派員協会にてJapan Society of U.S. CPAs (“JUSCPA”)の設立総会が開催されました。

2014年6月に、JUSCPAの運営機関として一般社団法人Japan Society of U.S. CPAsが設立されました。 2015年6月に、JUSCPA設立20周年を記念して、5つの専門部会に加え「JUSCPAアカデミー」が設立されました。JUSCPAのメンバーの総数は約480名に上り、現在に至ります。